不動産担保ローンで友人の借金を返済しました

妻に内緒で借金返済のため不動産担保ローンを申し込む

ギャンブルで友人から多額の借金を抱えていた妻に内緒で借金返済のため不動産担保ローンを申し込む無事に審査に通り友人にお金を返済することができた不動産担保ローンは交渉が鍵でした

初めの内は寛容だった友人も我慢の限界となり秋口に一括で年内に返済しろというという最終宣告を言い渡されました。
私は困ってしまい妻に打ち明けることも考えましたが借金がギャンブルで出来たものであることは大問題です。
ギャンブルで多くの金額の借金をしていると妻に知られれば離婚されてもおかしくはありません。
このようにして私は、不動産担保ローンで友人に借金を返済することにしたのです。
不動産担保ローンに申し込むとき、担当者に不動産担保ローンのことは妻に隠しておきたいと伝えると明細書や通帳、キャンペーンのお知らせなどは書面で発行しないで会員専用のホームページや電子メールで提供してくれると教えてくれました。
これはとても助かるサービスだったと言えます。
とは言ってもキャッシュカードに関しては自宅の住所に間違いがないかを確認するためにも自宅に必ず郵送されるのため注意して受け取るしかありません。
しかしキャッシュカードを発行したからといって借金していることを怪しまれる可能性は低いので心配なく受け取りました。
仮申込みをしてから、およそ2週間ぐらいが経過すると金融機関からスマートフォンに着信をもらったのです。
電話の内容は仮審査に通ったので、本審査をするため必要となる書類を用意して欲しいというものでした。