不動産担保ローンで友人の借金を返済しました

ギャンブルで友人から多額の借金を抱えていた

私は当時、40歳で結婚して12年目の妻と一緒の2人暮らしで自由な暮らしを送っていました。
年収は約350万円ぐらいで決して多くはありませんでしたが、妻も働いていた上に子供がいないため充分な収入だったのです。
私たちの自宅は分譲マンションで私の親が買ったのですが、すでに住宅ローンが完済しています。
ですので家賃も住宅ローンの返済もありません。
しかし当時の私には妻に言うことが出来ない悩みがありました。
それは、多くの金額の借金をギャンブルで抱えていたことです。
元々私はギャンブルが好きで、週末はいつも競馬やパチスロなどに興じていました。
しかし、妻はギャンブルが嫌いだったので結婚をきっかけにギャンブルを止めようと考えていたのです。

ところが現実にはギャンブルを止めることが出来ませんでした。
仕事帰りや週末に秘かにパチスロに出かけるのが私の楽しみになっていたのです。
とはいえパチスロ代は、お小遣いから遣り繰りする必要があります。
負けると、すぐに軍資金がなくなってしまうのです。
私は軍資金が足りなくなる度に友人から、お金を借りて勝ったら返すと言い続けました。
妻に秘密でギャンブルを楽しむようになり10年以上が経ち、友人から借金している金額は何と480万円になっていたのです。

ギャンブルで友人から多額の借金を抱えていた妻に内緒で借金返済のため不動産担保ローンを申し込む無事に審査に通り友人にお金を返済することができた不動産担保ローンは交渉が鍵でした